TAMA音楽フォーラム

若手演奏家育成とクラシック音楽の振興を目指します

活動履歴2018

セミナーの内容

2018.1.14.(日)15時開演

レクチャー&コンサート
講 師:高野耀子(ピアノ)  
 

 
《コンサートプログラム》

J.S. Bach :半音階的幻想曲とフーガ BWV 903 
W.A. Mozart :ソナタ 第10番 ハ長調 K 330
L. v. Beethoven :ロンド ハ長調 op.51-1
F.Chopin :バラード第1番 ト短調 op.23 
              ノクターン第4番 ヘ長調 OP.15の1
    ノクターン第7番 嬰ハ短調 Op.27の1
    ノクターン第16番 変ホ長調 Op.55の2

F.Mendelssohn :厳格なる変奏曲 ニ短調 OP.54
 
 
 


 

2018.2.17.(土)15〜18時

公開レッスン&コンサート
講 師 :佐久間由美子(フルート)
共 演 :岡本知也(ピアノ)

 
《コンサートプログラム》
J.S.バッハ:フルートのための無伴奏パルティータイ短調 BWV1013 (1722/23年)
C.Ph.バッハ:フルートソナタ(無伴奏) Wq.132/H562(1747年)
C.Ph.バッハ:フルートソナタト長調 Wq.133/H564 " Hamburger Sonate" (1786年)

《受講生》
・森山 豊(みのり)   国立音楽大学卒業、同大学管弦楽コース修了。  
 
・占部 智美(さとみ)   慶応義塾大学文学部独文学専攻ならびに桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻卒業。同短期大学専攻科を経て、現在桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程に在籍。

 
 
 


2018.3.24.(土)15〜18時

レクチャー&コンサート
講 師 : 河野文昭(チェロ)
共 演 :河野美砂子(ピアノ)

 
《コンサートプログラム》
ベートーヴェン:チェロソナタ 第4番 ハ長調
ベートーヴェン:モーツァルトの「魔笛」の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲 変ホ長調

 
 


2018.4.22.(日)15時開演

レクチャー&コンサート
講 師:クァルテット・アルモニコ 
 

 
《コンサートプログラム》

ハイドン  弦楽四重奏曲 変ロ長調「日の出」op.76-4 
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲「ラズモフスキー第3番」ハ長調 op.59-3
ウェーベルン  弦楽四重奏のための6つのバガテル op.9

 
 


2018.5.12.(土)15〜18時

公開レッスン&コンサート
講 師 : 佐々木 亮(ヴィオラ)
共 演 :大伏 啓太(ピアノ)

 
《コンサートプログラム》
シューマン:おとぎの絵本 op.113
ヒンデミット:ヴィオラソナタへ調 op.11-4

《受講生》
・佐川 真理(Va)   桐朋学園大学卒業。現在、桐朋オーケストラ・アカデミーに在籍。  下田 絵梨花(Pf) 桐朋学園大学卒業。

・塚本 遼(Va)  東京藝術大学卒業。現在、東京音楽大学科目等履修生。  横山 瑠佳(Pf)   東京藝術大学附属高校及び同大学卒業。現在同大学大学院在学中。

・日下 水月(Va) 桐朋学園大学4年在籍。  中山 あまね(Pf)  桐朋学園大学4年在籍。

 
 
 


2018.6.10.(日)15時開演

レクチャー&コンサート
講 師:ゴットリープ・ヴァリッシュ(ピアノ)
通 訳:薮田京子

 
《コンサートプログラム》

シューベルト:ピアノソナタハ長調 D840「遺作」からの抜粋
シューベルト:ピアノソナタ 嬰へ短調 D571(未完)
シューベルト:ピアノソナタホ短調 D769a(断片)
シューベルト:ピアノソナタへ短調 D625/505
 
 


セミナーレポート

2018年3月24日(土)15時 スタジオ・コンチェルティーノ
 

 
レクチャー&コンサート
講師:河野文昭(チェロ)
   河野美砂子(ピアノ)
 
 
今日はピアノとチェロのデュオのセミナーである。まず、岡山潔TAMA音楽フォーラム理事長からお二人の紹介があった。河野文昭氏は岡山潔弦楽四重奏団のチェリストであり、ともにベートーヴェンのすごさに共感してきた。美砂子夫人もベートーヴェンについて興味深い観点をお持ちなのが印象的であった。そんなことでお二人をお招きした。
 文昭氏は、今日のレクチャーについて、NHKの朝のドラマの夫にしゃべらせない夫婦漫才を連想させて会場の笑いを誘った後、最初にベートーヴェンのピアノとチェロのためのソナタ第4番作品102-1の話の後、全曲を演奏し、そのあと、ベートーヴェンの「魔笛の主題による7つの変奏曲」の解説と実演を行うと述べた。
 第4番は主に美砂子氏が解説を担当し、文昭氏が合の手を入れ、演奏による実例が示されるなごやかで興味深いレクチャーとなった。その要点を以下に摘記する。
*チェロの世界でバッハが旧約聖書、ベートーヴェンが新約聖書といわれるが、バッハに身体的面白さもあり、ベートーヴェンも精神的なだけでなく、新しいアイデアでの実験やいろいろな挑戦を最後までやった人ととらえたい。この4番のソナタも同様である。
*チェロ・ソナタ5曲全体が大きな一つの作品とみることもできる。ベートーヴェンもそれを意図していたかもしれない。1番から5番の調性はファソラドレであり、すこし意図的である。楽章数も1番が2、2番が23番が34番が25番が2とシンメトリーをなしていて、3番の第2楽章がいわばこの山脈の頂点をなしている。そのスケルツオの執拗さは意識的なのかもしれない。
*ソナタ第4番に焦点を合わせると、楽章は二つだけ、ベートーヴェン以前のソナタでは楽章が34が基本だった。彼のソナタはとにかく面白い。第3番の親しみやすい冒頭部に比べると4番はマニアックといえるが、第1楽章のアレグロ部には、3番の冒頭旋律が短調になって使われている。よく調べると、4番の第1楽章の冒頭のアンダンテ部の下降音型は第1番とも第2番とも関係している。これがベートーヴェン的なのだといえる。
*ベートーヴェンはこのように、以前の自分の作品をすごく意識して新しい作品を書いたといえる。彼の32曲のピアノ・ソナタにもそれがうかがえる。作品102の2つのチェロ・ソナタの場合も、その前の3曲とつながろうとした。しかし、関連はしていても内容は全く新しい。彼のソナタには必ず新しさと実験があった。前のものを壊して次のところへ行こうとしていた。ソナタに形式があり、短歌にも57577の定型がある。歌人としての私(美砂子氏)も定型からはみ出そうとする。ベートーヴェンにも型から出ようとする趣を感じる。
*和音について話をすると、ベートーヴェンは減七和音を好んだ。何か不吉で不安なことを連想させる和音である。これを半音下げた属七和音となると雰囲気が一変してその緊張が間もなく解決に向かうことを予測させる。この4番のソナタの第1楽章でもこれが使われている。減七をどれだけ意識するか、それとも属七和音の演奏の仕方で柔らかさをより重視するかは演奏者の解釈次第となる。
*第2楽章のアダージオはピアノとチェロの対話のなかで和音をつくっていく。そして対立から和解への様相を描き出す。アレグロに入るところで第1楽章のアレグロ部の音型が戻ってくる。
 以上でソナタ第4番の説明が終わり、ソナタの全曲が演奏された。話題が豊富で、説得力あるレクチャーの後だけに、先入観ではなく、曲の素晴らしさを実感させる演奏となった。
 休憩の後、「魔笛変奏曲」のレクチャーが主に文昭氏によって行われた。その要旨は以下の通り。そしてこの曲の実演で、じつに内容豊かなレクチャーコンサートの幕を閉じた。
*ベートーヴェンは変奏曲が上手であり、好きであった。いろいろな曲にそれが表れているし、ソナタ形式のなかにも取り入れた。第9交響曲でも第3楽章、第4楽章で変奏を行っている。
*この「魔笛変奏曲」はオペラ「魔笛」のなかのパパゲーノとパミーナのアリアをもとに7つの変奏をしたもの。当時ウィーンでは「魔笛」がはやっていて、ベートーヴェンもモーツアルトのオペラでは「魔笛」を好んでした。
*彼らしい仕掛けがこの変奏曲にもあり、主題が対話しながら進行して、第1変奏に入っていく。第4変奏は変ホ短調となり、様子がかわる。ここには、パミーナの悲しいト短調アリアをピアノ伴奏部に織り込んでいる。第5変奏で少しテンポを速めて、第6変奏のアダージオとなる。そして第7変奏で初めてアレグロとなる。コーダもついている。変奏の中で雰囲気がどのように変化していくかを楽しんでほしい。
*もう一つこの変奏曲で面白いのは第3変奏の旋律で、これはそのころ作曲中だった第2交響曲第2楽章の第2主題と同じもの。
*なぜこの曲に作品番号がないのか、番号なしの46番なのか。彼はこれとは別に「魔笛の主題による12の変奏曲」作品66を書いている。これには作品番号がついているが、出版社が勝手につけたもので、内容は作品番号がない7つの変奏曲の方が優れている。作品番号がないのは、チェロという楽器が独奏楽器としてまだ十分に認知されていなかったからだとも考えられる。ピアノとチェロが完全に対等になったのは、第3番作品69からである。なぜチェロは2重奏で扱いにくいのか。それは当時、チェロの高音を弾くのが難しかったからだろう。
*この変奏曲は、ピアノとチェロの対話に妙味があり、よくできた作品だといえる。
*ベートーヴェンの音楽の特徴として、単純な動機(素材)をもとにして音楽を展開していくところにある。このような音楽だからこそ、すたれることなくいまも生き残って人気を保っているといえる。(記録:西谷晋)
 
 

      

公開レッスン&コンサート
2018年5月12日(土)15時開演 スタジオ・コンチェルティーノ

      講師:佐々木亮(ヴィオラ)
      共演:大伏啓太(ピアノ)
 
 本日の講師佐々木亮さんは日本を代表するヴィオラ奏者で、現在NHK交響楽団の首席ヴィオラ奏者。また、2008年から14年まで岡山潔弦楽四重奏団メンバーとしても活動した。昨年11月のTAMA音楽フォーラムで今井信子さんとバルトークの「44の二重奏曲」ヴィオラ版を演奏してくださった。また、今日の共演者、ピアニストの大伏啓太さんは大活躍中の若手で、以前、今井さんとこの場所でブラームスのヴィオラ・ソナタ第2番演奏していただいた。このような岡山芳子・TAMA音楽フォーラム副理事長の歓迎と紹介の言葉とともに公開レッスンが始まった。曲目はシューマンの「おとぎの絵本」(ピアノとヴィオラのための4つの小品)作品113で、ヴィオラとピアノの36人の若手演奏家が受講した。
 まずa組(佐川真理さん(Va)=桐朋学園大卒と下田絵梨花さん(Pf=同)が第1曲、第2曲を演奏し、第1曲についてレッスンを受けた。ついでb組(塚本遼さん(Va=東京芸大卒と横山瑠佳さん(Pf=東京芸大大学院)が第2曲と第3曲、そしてc組(日下水月さん(Va=桐朋学園大4年と中山あまねさん(Pf=同)が第4曲を演奏し、それぞれ指導を受けた。講師の佐々木さんはなんども自分でヴィオラを弾きながらのまことに熱意ある綿密なレッスンとなり、予定の時間を超えるほどであった。ここでは、把握できた要点だけを以下に記したい。
(第1楽章=速くなく))
*流れ良く演奏できたが、この楽章は和音が頻繁に変わるので演奏がとても難しい。もっと強弱をつけるとよい。
*(冒頭を再演させた後)ここがすでに難しい。ここは一つのストーリとなっている。3小節目にひとつ山がある。この豊かな内容を表現したい。強弱の差を相当つけないといけない。表情の変化がほしい。
17小節目は驚きの表現を。
*先へ先へと急ぎすぎないように。pのところは繊細な音作りを。fpの直前はディミヌエンドしてもいいかも。
50小節あたり、空気が入った音がほしい。
57小節からのクレッシェンドの音の上がり下がりのところ、N響によく来る指揮者ブロムシュテットさんがリハーサルで、クレッシェンドであっても下降音型では音を減衰させるのだといっていたがその通りだ。
*最後のところはppだけれど、ヴィオラの音は弱弱しくなく、もう少し音の芯がほしい。
(第2曲=いきいきと)
*いろいろ考えて演奏されたが、もっと強弱の差がほしい。いい意味での驚きがほしい。最初は勇ましくファンファーレ的に弾いて、あとは弱くして変化をつける。
*といって、すこしあとのところでは、初めに強く弾きすぎると後の発展性がない。とにかく強弱の変化を。3連音のクレッシェンドは難しいがしっかりと弾くこと。滑らかな中間部は弱くても、はっきりと弾く必要がある。ピアニッシモであっても、弓使いの敏捷な初速がほしい。
111小節以下、ディミヌエンドはよかったが、もう少し「ひとときの夢見心地」という気持ちで。同じ4分音符であっても、音の表情を変えること。
183小節あたりのコーダでは聞く人にわかってもらえるように弾くこと。
(第3曲=迅速に)
*いい演奏だった。
*ただし、なるべくアーティキュレーション(歯切れ良い発音)をつけるように。
*最初から飛ばしていってよい。そしてそのあと少し変化をつけること。
8小節からのfpのところはもう少しfを強く弾くこと。
(第4曲=ゆっくりと、メランコリックな表情で)
*出だしは強すぎず、内省的に演奏したい。
3小節目、ヴィオラの存在感は必要だ。この和音には驚きがほしい。ppであってもビブラートをつけて心を込める。臨時記号が出てきた時というのは、だいたい大事なところだ。
*感情が高まるところなので、音が切れてしまわないように。弓の返しがわからないように弾くと、音がつながる、このように・・・と弾いてみせる。
77小節から、ピアニッシモでも音が弱くなりすぎないように。弱くてもすごく大切なところなのだから。
*そのあとのクレッシェンドとディミヌエンドのところの弓の返しを速く。
 
 休憩の後、コンサートに移った。曲目はレッスンで取り上げたシューマンの「おとぎの絵本」全4曲とヒンデミットのヴィオラとピアノのためのソナタ へ調 D625。シューマンではレッスンでの指導通りの変化に富んだ演奏となり、とりわけ第4曲の深い瞑想に聴衆は静まり返って傾聴した。ヒンデミットは第1楽章の静謐で穏やかな幻想から次第に感情を高め、第2楽章の変化にとんだ主題と変奏を経て、第3楽章フィナーレでは、曲想がさらに情熱的に盛り上がるさまをヴィオラとピアノが十二分に表現して、圧倒的な幕切れとなった。
(記録者:西谷晋)